注文に応えられる

注文住宅には無いメリットとは

一戸建て住宅を購入する際に、分譲住宅を購入すべきか注文住宅を購入すべきかで悩む人は多いです。間取りや基本的な設備が不動産業者によって決められている分譲住宅は、全てを購入者の意思で決められる注文住宅に比べると魅力に欠けると思われがちですが、分譲住宅には注文住宅には無いメリットを有している点については留意しておく必要があります。その最大のメリットは、注文住宅に比べると割安な価格で購入できるという点です。分譲住宅は不動産建築業者が同一のデザインで大量生産をおこなっています。住宅の建設に必要となる資材を大量発注する事で割安に仕入れる事が出来るため、結果として同じ品質の住宅でも注文住宅よりも割安な価格で販売する事が出来るのです。

最近販売されている分譲住宅の特徴

一昔前までの分譲住宅は住宅に個性が無く、その付帯設備も平凡な住宅が多かったのですが、最近の分譲住宅は同じモデルの住宅でも購入者の希望があれば少し間取りを変更したり、外壁塗装の仕方を変えたりする事が可能となっており、依然よりも個性を表現できるようになっています。また、最近のトレンドとしては、環境に優しいエコロジー住宅や、太陽光発電パネルを設置した省電力ハウスなどが人気を集めており、こうした機能を具備した分譲住宅が増えてきています。また、狭い土地を有効に活用するために、3階建てだったりロフト付きの2階建ての分譲住宅も増えてきており、これまで以上にスペースの有効活用を意識した分譲住宅が増えてきています。