デザイン性が重視される

注文住宅はどのような歴史があるのでしょか

第二次世界大戦後、日本は住宅がとても不足しいていた状況でした。そのため、政府が「公営住宅」として所得が低い人々のために住宅を用意したり、住宅金融公庫が準備されました。その後団地が出現し、多くの人々が住宅を手に入れることができるようになりました。しかし、当時は住宅のデザインはあまり考えられず、雨露をしのぐものとしての機能が第一に考えられていました。 住宅にデザインが求められるようになったのは、昭和50年ごろからのことです。昭和50年代後半からは住宅のインテリアデザインや外構のことまで考えられるようになり、デザイン性も重視した注文住宅が出現するようになりました。 少し価格はあがりますが、機能性とともにデザイン性も重視した注文住宅は現在も人気を集めています。

二世帯住宅がトレンドです

同じ発てるなら自分たちの好みのデザインの家、自分たちの使い勝手のよい家に住みたいと考える人は多く、注文住宅で家を建てる人も後を絶ちません。 注文住宅を建てる人の中で特に増えているのが、二世帯住宅です。「将来親の面倒を見なければならない」という一面もありますが、親と同居することによって子供の面倒を親に見てもらって、女性も働きに出る、などの意見もあります。待機児童の問題もありますし、親に子供をお願いできるなら安心です。他に、親と同居することによって生活費を減らすことができる、住居費や駐車場代が少なくてすむ、など経済的な一面も、多くの意見が出ています。賢くお金を使う手段として親の同居を考えることもひとつの方法です。