シビアな仕事

古くから伝わってきた技術

宮大工とは一般住宅などを手掛ける大工とは大きく変わってきます。ワンランク、さらにはもっと上でその職人としての技量はまさに超越したものがあります。大工そのものに言えることですが、一ミリのミスが大きく響いてしまいとてもシビアです。そんな、宮大工の今後の動向を予測していきたいと思います。ます、本物の職人になるのにかかる年数が圧倒的に長いです。カンナの刃をとぐことから始め、基本的なものを年数がかかり、覚えるのに地道で忍耐が必要になってきます。そして、なにより向上心も持っていなければなりません。そんな宮大工ですが、こういった日本古来の職人技を持った職人が減りつつあります。今後、人口が減ってくる可能性がありますが、日本古来の技術者が増えることを期待します。

宮大工における注意点

宮大工は職人の中でもかなりシビアで並大抵の努力では本物になることはできません。どの職人も同じではありますが、日本古来より受け継ぐ伝統の技なので当然といえば当然です。その人の技術的センスや嗅覚、感性にもよりますが、基本的には年数を重ねていくといった形で本物の職人技を覚えるため、どうしても年数のかかる仕事です。仮に、宮大工を目指す際にはそういったこともある程度頭にいれて挑んだ方が良さそうです。日本古来から伝わる技ということを少し考えてみればその凄さが伝わるかと思います。1ミリをあらそう技なので、日々の練習の積み重ねがとても重要になってきます。これらのことに着眼点を置き、注意すると良いかと思います。